スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

骨折事例 火星ドラゴンヘッド

骨折の事例です。


骨折というと、
トランジットとネイタルの火星天王星コンビという刷り込みが
今までのリーディング経験からあったのですが、

2017年も押し迫った11月の後半と12月のクリスマス過ぎ、
2度同じ場所でほぼ同じ箇所を、ほぼ同じ状況で骨折した女性がいます。
80代の方なのですが。この方は天王星回帰を2017年4月と11月にむかえており、
4月と11月はn海王星とt海王星の180°もありましたし、冥王星の180°もそろそろかな…という時期。

この天王星回帰時前後のトランジットチャートのどちらにも
火星とドラゴンヘッドのアスペクトが見られます。
12月の現在も火星とドラゴンヘッドは90°で、火星木星合のため派手に出た感じもあり。
火星木星もドラゴンヘッドも、
この方の出生チャートに目立つアスペクトはとっていませんが、
この方はみずがめ座にドラゴンヘッドがある。

(出生時間がわからないために、生まれ時間によっては
事故のときの火星ドラゴンヘッドがASCなどのアングルにかかっていることがあったり、
ということもあるかもしれないなと思ったりはしますが、ないかもしれません。)

出生図を見るとてんびん座に太陽・木星、
冥王星はかに座ですので今回帰しているおひつじ座の天王星と、
活動のT字スクエアになります。
月水星はそり座に合って合になっている。

礼儀正しく知的で可愛らしく、
センスもよくおしゃれな方ですが、
軽度の認知症で徘徊が出てきている。
そのほかには、
軽い腰痛くらいで身体的な病気はありません。

ただ、この方は細かい訴えが多く、
自分の欲求が満たされないとよく嘘をつくということがある。
嘘というのは正確ではないかもしれません、
自分の都合の良い用に思い込む、というのが近いのかも。
自分のものを自分のものではないと言ったり、
人のものを自分のものと言ったりということもよくある。
見た目が新しくきれいなものを自分のものと思いがちで、
色あせて毛玉がついてきた衣類などを、
こんなのは私のものじゃないと言ったりがよくある。

自己正当化のためのうそ、という見方もできなくはなく、
「娘と夫が仲がよくて自分を邪魔にして、
私を病院や施設に追いやろうとする」
というような被害妄想的なドラマをつくってひとに語ります。

また、
怪我や病気で介護サービスを利用して病院に行ったあと
最近の投稿

【アウトサイダーの人間占星術】①コリン・ウィルソン

チョー久しぶりに更新してみる。

ちょっと、鑑定疲れで息抜きに趣味のりーぢんぐなど、思いつきではじめてみてみてたりなんか。

おもしろそうだったら続くかも。































まず、アウトサイダーは、社会の枠の外にいる人で、
ホロスコープで言うとみずがめ座、うお座、
ハウスでいうなら10ハウスをこえた、11ハウス12ハウスに属する生きもののこと。

11ハウス、宇宙人
12ハウス、妖怪、幽霊、仙人、聖人、犯罪者。
とはいえ、アウトサイダーもアウトローも、12サインのそれぞれにもれなく存在いたします。

おひつじ-衝動的犯行?
おうし-所有欲が・・・。
ふたご-つい調子に乗っちゃって・・
かに-ファミリーのためならなんだってやるよ?
しし-ギャンブルのない人生なんて・・。
おとめ-完璧主義がいきすぎて・・?
てんびん-以外に多い腹黒てんびん・・?
さそり-愛に殉ずるのです?
いて-聖職者が性犯罪って案外あるよね・・?
みずがめ-頭良すぎてオカシイひとが・・?
うお-悪も善も突き詰めれば同じ・・みたいな。テキトーな感じですが、
ともかく12サインもれなく存在しますよ!ということで、よろしく。


革命家、変革者(みずがめ座-11ハウス)そして、聖職者、芸術家(うお座-12ハウス)
アーチスト、芸術家なんかは、若干タイプの違いはあれど、
うえのふたつのどちらにも多く存在しますね。
また、しし座5ハウス的アウトサイダーということだと、
自己表現が突き抜けすぎて、創造性が爆発しちゃうんだろうか?
爆弾犯とか結構いますよね。

犯罪を犯すことは社会からの逸脱で、精神の昇華、精神の飛翔といえなくもない。

でもさ、犯罪者はアウトサイダーじゃなくアウトローといわれるわけ。
インサイダーに対抗するアウトサイダーでいたつもりが、
いつのまにか、法律の外までも飛翔してしまい、
アウトロー(無法者)になっていた・・・みたいな感じ。
ということは、出発点は似ている。


まあ、
そんなことで、最初はやはりこの方でしょう。
コリン・ウィルソン大先生です!
astrodatabankリンク:http://www.astro.com/astro-databank/Wilson,_Colin
ホロスコープデータのレーティングランクはAなので、そこそこ信頼していい感じです。






コリン・ウィルソン(Colin Wilson1931年6月26日…
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2016/01/20更新

まだまだ迷走中~
現在鑑定業務強化中
お問合せ、詳細はこちら



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タロットカードとサビアンカード展
(吉田結妃企画)
2016/2/3~2/14
横浜山手 岩崎ミュージアム
http://sabihan.jimdo.com/
こちらもよろしくおねがいいたします 是非サビアンカードに触れてみてください

2015/11/30 いて座8度 「 岩やその内部で形成されているもの」

いて座8度

「 岩やその内部で形成されているもの」
Rocks and things forming therein.

地球の胎内の奥深く、新しい生命が誕生を待つ。
様々な要素を溶解させて変容の火が生命を錬成する。
地殻の変動、大地の中で起きる変化を地表からは見ることはできない。
変化は人知れず進行し、やがて地上に大きな衝撃を与えます。
変化のさなかにあるときは、まだ形がさだまらず、
全体像を把握して見ることはできないけれど、
目には見えないし触れないけれど「気配」や「予感」という兆しは、
どんなときも感じ取ることができるもの。
変化の不安で固く握りしめた両手を放して、
流れにまかせることで衝撃を緩和する。
運命を信じてしがみついたものから手を離す、
しがみついた手を離すのは不安と恐怖をともない、
大変な勇気が必要なことかもしれません。
しかし、
そうするほかに道がないというときがあり、
そうすることが一番の解決法だということがあるのです。

2015/11/29いて座7度 「 ドアをノックするキューピッド」

いて座7度

「 ドアをノックするキューピッド」
 Cupid knocking at the door.

いたずらなキューピッドがそそのかす。
ルールに則ったフェアプレイなんかおおしろくないね!
そこには新しさも発展性もないだろう?
もっと自由に生きてみたらいいじゃない?
そのほうが人生は百倍面白い。
正々堂々の正面勝負もいいけれど、
ひとりひそかにルールを破り抜け駆けしたい誘惑に駆られてしまう。
仲間を裏切り新しい体験に飛び込むことに、
うしろめたさと興奮を感じつつも、スリルを楽しむ。
内奥から湧いてくる衝動を抑えきれない。
内なる声の、ちいさいけれど確かな意志の響きに従う。
直感的に行動することで新しい未来を創造する。

2015/11/28  いて座6度 「 クリケットゲーム」

いて座6度

「 クリケットゲーム」
A game of cricket.


周囲を盛り上げて人を巻き込んでみんなと楽しみたい!
という射手座サイン特有の火の衝動が沸き立つ競技場。

クリケットゲームはイギリス発祥とされる紳士のゲーム。
正々堂々、公明正大、ルール厳守で戦うのです。
紳士はフェアプレイに意義を見出す。
そして、
相手にも公明正大さを要求します。
火のいて座サインは好戦的ですが、
勝ち負けそれ自体より、
仲間や対戦相手ともども競い合い、
高め合い理解し合うことに意義を求める。
対戦相手に合わせて戦うことを楽しむ、
いて座ワールドは、
戦いを通してのコミュニケーション、
「男性的」な世界と言えるかもしれません。





インドの巨人の星はクリケットゲームだった・・・
父ちゃんのちゃぶ台返しが!9:40すぎたくらいのとこ

静止画がおおいw